女性が一人で合宿免許を取る時の選び方や注意点

時代の移り変わりの中で、合宿免許に一人で参加をする女性も増えています。今回ご紹介するのは、女性が一人で合宿に参加するに当たって知っておくべきポイントについてです。

教習所を選ぶ時のポイント

一口に合宿免許と言っても、教習所によって特徴は様々です。いくつかある教習所選びの基本とも言えるのが宿泊施設の良し悪しです。前述したように、合宿免許は教習所が指定する宿泊施設で生活をすることが義務付けられています。例え部屋の広さや建物の設備などに不満があっても、自分で費用を支払って別の所に泊まるという選択は認められてません。試験に落ちるなどのトラブルがなくスムーズに進めることができれば、入学から卒業まで平均2週間前後となります。少しでも快適な生活ができるように、宿泊施設の情報についてしっかりと調べておくことが大切です。需要の増加に伴って女性専用プランを用意している教習所も増えています。女性専用プランは清潔感やセキュリティ対応に配慮した施設が多く、一人の参加でも安心です。

もう一つの教習所選びで重要なポイントが指導教官の男女比率です。同じ車に乗っていても、男性と女性では運転時の視野の広さや技術的な部分に細かい違いがあります。指導教官は運転に対する知識や技術は持ち合わせているとはいえ、男性である以上女性の視点でアドバイスをするのは難しいのが実情です。教える教官が同じ女性であれば女性視点での話を聞かせてもらうことができます。教習所を決める時はできる限り女性教官が多い所を選ぶのがポイントになります。

参加する上で最適なタイミング

合宿免許は年末年始を除いて1年を通して受け入れを行っているため、利用者が好きなタイミングで入学することができます。ただし、夏休みなどの学校の長期休暇の時期に入学をすると、学校のサークルなどで集団と重なってしまうケースも少なくありません。社交的な性格で自分から話し掛けられる性格であれば問題はありませんが、そうでない場合は輪の中に入れず卒業まで孤立してしまうこともあります。閑散期と呼ばれる4月から7月、9月から12月の時期であれば同じように1人で参加する女性もたくさんいるので安心です。

一人で参加する時の部屋の選び方

期間中に生活をする宿泊施設は教習所によって大きく異なります。部屋のタイプもシングルルームから数人で利用する相部屋までタイプは様々です。相部屋タイプの場合、見ず知らずの人と寝食を共にすることになるため、必然的にプライベートの時間を作りづらくなります。同じ女性同士でも寝る時間やお風呂に入るタイミングなど人それぞれ生活のスタイルが違うので、それがストレスになることも少なくありません。誰に気兼ねすることなく一人を満喫したいのであれば、シングルルームが用意されている教習所を選ぶことが大切です。

合宿免許ならではの注意点

女性が合宿免許に参加する上で気を付けなくてはいけないのが服装です。プライベートの時間に旅行をすることを想定してオシャレなファッションで参加をする人も少なくありません。運転をする上で服装の規定は設けられていませんが、長いスカートなど足を動かしにくいファッションの場合、安全を理由に断られることもあります。自宅から通う通学免許で取得をしている人であれば自宅に着替えに戻ることもできますし、合宿でも友人との参加であれば服の貸し借りは可能です。しかし、一人での参加ではこうした対処ができないため、近くのお店に買いに行くことになります。車の運転がしやすい服装を意識することが大切です。

必要な物を用意しておく

教習所によっては宿泊施設の周辺にお店が無い場合もあります。お店があっても女性ならではのケア用品などが販売されていないケースも多いので、身の回りの品物はしっかりと準備しておくことが大切です。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です