準中型免許の取得は難しい?準中型のメリットと費用について

平成29年の法改正で「準中型免許」が新設されました。準中型免許とはいわゆる小型トラックなどの準中型自動車に乗ることができる免許です。この資格はどのように取得し、取得するとどんなメリットがあるでしょうか。

準中型免許とは

準中型免許とは、「総重量3.5t以上7.5t未満、最大積載量4.5t未満、乗車定員11人未満の自動車に乗ることができる免許」のことを指します。これは平成29年3月に施工された新しい免許なのでまだまだ馴染みがないという人も多いでしょう。それ以前では普通免許、中型免許、大型免許というふうに分類されていました。中型ほどは大きくないけど普通自動車ではない小型トラックなどを運転することができます。

準中型免許はなぜ生まれた?

準中型免許の最大の特徴は「18歳でも取れる」というところにあります。中型免許には「20歳以上」「普通免許等の通算2年以上の保有」というハードルがありますが、年齢を2歳下げることによって、若年層の人材育成や、人手不足の解消、ドライバーの乗れる範囲のトラックを細分化して雇う側とのミスマッチを防ぐなど、さまざまな役割があります。

準中型免許の取得方法

準中型免許は中型免許とは違い、運転経歴は必要ありません。そして普通免許を取得したことがなくてもこの資格を取得すればその日から準中型自動車を運転することができるのはもちろん、原付、小型特殊自動車、普通自動車も運転することができます。取得方法としては①合宿免許、➁通学免許、③一発試験で取得の三種類があります。三つ目の一発試験は一言でいえば合宿や通学で学習する座学を省いた適正検査と仮免試験・講習・本試験だけのものとなるので超難関です。この方法を選ぶ人はごく稀でしょう。

準中型免許に必要な条件

・18歳以上(修了検定時に18歳以上)
・両眼で0.8以上且つ1眼でそれぞれ0.5以上(矯正視力:眼鏡、コンタクトレンズ可)
・三桿法の奥行知覚検査器により、2.5メートルの距離で3回検査し、その平均誤差が2センチメートル以下
・赤・青・黄色の3色が識別できる
・自動車の運転に支障を及ぼす身体障害がないこと
・10メートルの距離で90dbの警音器の音が聞こえること(補聴器可)

以上の条件を満たしていれば誰でもいつでも始めることができます。

準中型免許の取得の流れ

準中型免許の取得までの流れは以下の通りです。

1.通学または合宿免許の教習所に入校
2.技能教習、学科教習を受ける
3.仮免許
4.再び技能教習、学科教習
5.卒業検定
6.試験場にて適正検査、本試験を受ける
7.合格すれば免許交付

普通免許をお持ちの方なら想像がしやすいかもしれませんが、準中型免許も普通免許も受験までステップは同じです。仮免許に合格し、本試験に受かると免許証はすぐに交付されます。合宿免許なら最短18日で取得することができます。

費用はどのくらいかかる?

準中型免許にかかる費用は、現在保持している免許によって相場が全く違います。

免許なし…35~40万円位
普通免許MT…15万円位
準中型5t限定MT…7万円位

5t限定準中型免許とは、法改正前に取得していた免許の改正後の状態を指します。「5t限定」を解除すれば「準中型免許」となり運転できる範囲が広がります。解除のみの方は公認教習所で4時限の技能教習を修了するか、運転免許センターで技能審査(一発試験)に合格する必要があります。

準中型免許取得でできること

準中型免許を取得すればコンビニの前や宅配便などでよく見かける小型トラックを運転することができます。また、原動機付自転車、小型特殊自動車、普通自動車も運転することができます。準中型免許は特に就職に有利な資格を取得したい人、そして18歳にしてプロドライバーになることを目指す人に大変おすすめの資格です。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です