3つの免許の取得方法の相違点

免許取得方法には、通学免許、合宿免許、一発試験の3つの方法があります。そこで、これら3つの特徴や相違点についてご紹介しましょう。

免許取得方法それぞれの特徴

通学免許

通学免許は、自動車教習所に通って免許を取得するというものです。講義や教習の予約を自分のスケジュールに合わせて入れられるので、学校やアルバイトと両立しやすいのが特徴です。免許取得の最も一般的な方法でもあります。

合宿免許

合宿免許は自動車教習所の指定の施設に宿泊し、免許を取得します。あらかじめ教習所によって組まれたスケジュールにそって進めていくため、短期間で免許取得できるのが特徴です。地元以外の合宿免許に参加することもできるので、行ってみたい場所の合宿免許に参加し、週末は観光を楽しむなど旅行気分を味わいながら免許取得ができるのも魅力です。全国色々な場所から受講者が集まり共同生活を行うので、新しい友達ができるのも合宿免許の醍醐味です。

一発試験

一発試験は講義を受けずに、ぶっつけ本番で運転免許センターで試験を受けるというものです。試験に合格すれば1日で免許取得が可能ですが、道路交通法や車の運転技術なども必要となるため、全く知識のないまま試験を受けても合格する可能性は低いでしょう。すでに免許を取得したものの紛失した、更新するのを忘れて失効したという人に向いている方法です。

取得期間の違い

通学免許での免許取得期間は、通うペースにもよりますが3ヶ月程で取得できるのが一般的です。早い人は1ヶ月程で取得できることもありますが、遅い人は10ヶ月近くかかることもあります。合宿免許での免許取得期間は、2週間から3週間が一般的です。泊まり込みで1日中講義を受けるので、講義内容や実技内容を忘れにくく効率的に取得できるでしょう。ただし、2週間から3週間の長期的な休みが必要となるため、夏休みや冬休みなどの長期休暇のある学生時代に受けるのが賢明です。一発試験は取得期間が1日と最短ですが、初めて免許取得を目指す人にとっては難関です。

費用の違い

通学免許での免許取得にかかる費用の相場は、AT車なら20万円から35万円、MT車なら25万円から40万円となります。免許取得希望者が殺到する繁忙期は高くなり、閑散期は安くなります。最も高い時期は2月から3月、7月から8月の期間で、安い時期は5月から6月、10月から12月初旬です。また、講習費用だけでなく教習所に通う交通費もかかります。合宿免許での免許取得にかかる費用の相場は、20万円から25万円です。合宿免許も時期によって費用が異なり、春休みや夏休みなどの長期休暇の期間は繁忙期で高く、それ以外の時期は閑散期となりやすく設定されています。合宿免許の場合は、教習所に通学する交通費もかからず、県外の合宿免許に参加する場合は片道もしくは往復の交通費を負担してもらえるところもあります。食事つきのプランもあるので、合宿中に使うお金を抑えることもできます。
一発試験の場合にかかる費用は、試験に必要な料金のみです。

ライフスタイルに合わせて選ぼう

免許取得方法によって取得期間や費用も異なるので、ライフスタイルや予算に合わせて自分に合った方法を選びましょう。

Author: admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です